<< 火山活動 | main | もものぐずぐず >>
2018.11.30 Friday

父の命日

0

    今日は、父親の命日。

    こなつが21歳だから、ちょうど19年、20年目に入るのか。

    生きている間もしんでからも、父には迷惑の掛けられ通しだったけど

    父は憎めない人だった。父を憎むほど嫌った人は、多分父の奥さんだった人たちだけだろう。

    最近よく、連れが江戸っ子のまねをして私を笑わせてくれる。

    「てやんでい」とか、「おひけえなすって」とかいうけど、流石にそれは父は言わなかった。

    「何言ってやがんで、このやろー」は口癖で「べらぼうめ」は、

    あんまり言わなかったけど「こんちくしょー」は口癖だった。

    いなせでも小粋でもなく、ただ喧嘩口調で、ただひたすらけんか腰。

    初めて聞いた人は怒っているのかと思うんだよな。

    大の巨人ファンで、よく解説が気に入らないとテレビと喧嘩していたけど

    私もサッカー解説の松木が気に入らないと、テレビで喧嘩して我に返ることもしばしば。

    嫌でも、気に入らなくても育てられていれば似てくるんだよな、こんちくしょー。一昨日きやがれすっとこどっこい。

    おっこちるとか、しょっぱなとか、知らずに身についている江戸弁もあって

    何だか、しんでからのほうが父を身近に感じることが増えた。しんだら、全て許しちゃったんだろうな。

    そろそろ、お墓詣りに行きたい。

     

    昨日、こなつが事故を起こした。

    私を病院へ連れて行ってくれた帰りに、駐車場の隣の車にぶつけてしまった。

    軽い接触だと思ったけど、結構な傷で青くなって持ち主の方に謝りに行った。

    寒い中、警察の検分にも立ち会っていただいて、もう只管恐縮。

    連れも帰ってきてくれて、一緒に謝ってくれた。

    ご近所の方で、私の知人だったのもあって笑って許してくださったけど、

    知人だから思うことも言えなかったんじゃないかと、本当に申し訳ない。

    義兄が保険の代理店をしているので、それも助かった。

    たまたま知人で、ものすごく良い人で許していただけたけど

    そういう人ばかりではないので、これからは本当に気を付けてねとこなつに言えば

    こなつも堪えたよう。割と慎重に運転する方なんだけど

    これからは更に慎重に、気を付けてもらいたい。

    怪我がなくて何より、それが本当に何より。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM