<< 岩木山 | main | 人生最後の車  多分… >>
2018.05.04 Friday

まだ連休は続く

0

    青森には、三日までいる予定だったけど、思ったより早く用事が片付いたのと

    ずっと、こなつを一人で置いておくのも不憫だったので、一日早く戻った。

    ももと連れの体調を思って、今回は車中泊をしながらの行き帰りだったのだけど

    思ったより、ももが車中泊を嫌がった。

    去年までは腹を出してぐーぐー寝ていたのだけど、車内で寝ることに緊張して

    「おうち帰る帰る、だっこだっこ」と身体全体で訴えられて、でも、泊まる予定で動いていたので

    帰るわけにもいかず、ももを抱え込んで寝かせた。

    とりあえず、私が抱えていれば寝てくれたのでよかったのだけど、これではもう泊まらない方がいいかもなあ。

    スパイク(車名)での車中泊は、一人が限度かな。やっぱり狭い。あそこは連れの秘密基地専用だ。

    それでも、泊まった方が時間に余裕もできて、私たちは少し楽だった。

    昨日は雨で、ももが思ったようにトイレができず、腫れて場所を探しながら帰った。

    今回の旅行はももには辛かったな。長距離は、もうももには無理かなあ…。

     

    今回青森での主な仕事は、今なにも上庭内畑をどうするかということで

    兄が望んで継いだのだけど、仕事にかまけてノータッチなので、いつも私たちがやらねばならない。

    名義変更も私がやったし(怒)初めての事で、いろいろ勉強になったからいいんだけど。

    家屋以外の土地が山林と畑で、この畑をそのままにしておくことはできないらしい。

    近所の人のためにも草刈りをしなくてはならないが、ばーちゃん一人では無理。

    親戚に頼んでお願いすることはできるが、お金もかかる。

    ばーちゃんは、貸すか売るかしたいという。にーちゃんの土地だけど。

    でも、寒村の山奥で、お金払ってまで欲しいという人はいないのが現状。

    貸すのも、売るのも無料になると思う。

    役場で相談に行くと、係りの人が連れの同級生だった。

    向こうは覚えていたが、連れの頭の上には?マークが大量発生。

    数少ない同級生位、覚えていないもんだろうか…。

    連れは覚えていないことをひたすら隠して、まるで知り合いのように話を進めた。

    時間かかるが、借りてくれる人を探してくれるとのこと。広すぎて無理なら、半分でも借りくれる人がいればな。

    村の中は、廃屋だらけ。人は出ていく一方。いずれ、土地はどうするんだろうな。

    村に引き取ってもらうのかな。隣村では、無料で土地を進呈しているが、今のところ希望者は0らしい。

    山奥の村の未来は厳しい。

     

    家に帰ってきて、撮り貯めたアニメをだらだら見る。これが一番幸せ。おうちが一番心地いい。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM