<< 目まぐるしい1週間だった | main | やらなくちゃいけないともいながらつい伸ばし伸ばし >>
2018.02.02 Friday

15歳になりました。

0

     

    ももは、昨日お誕生日。15歳になりました。76歳。

    家族から見たら、ものすごく可愛いから、そんなおじいさんに見えないんだけど。

     

    日曜日から少し顔が腫れだしたので、また獣医さんへ。

    あらかじめ病院へ電話して、この前の先生でなくいつもの先生に診ていただきたいと言っておいた。

    いつもの先生は、顔を見てすぐにもものくちをがっとあけて、

    「歯肉炎だよ。」と、腫れている箇所を見せてくれた。

    薬で引いたのでガンではないと思ったけど、腫れが引くまではびくびくして夜も眠れなかったし、家族でおろおろしていた。

    初めから、この先生に診てもらえばよかった。

    でも、それはそれでもう仕方ない。獣医さんもいろいろな症例見て勉強していくんだし。

    でも!未熟な先生には、熟練の先生が付いてくれればいいのになとも思う!前の先生、レントゲン撮っただけだったし!

    考えさせられた数日だからいいんだけどさー。

    歯でよかった…、と思わずこぼしたら

    「歯肉炎も怖いんだよ。」と、先生は言う。

    ガンよりはまだいいよ…。

    「手術して抜くとか、歯石を取るとか方法はあるけど、全身麻酔はこの年齢にはリスクが高いと思う。」

    と、先生がおっしゃり、私も今更大がかりなことはしたくないので、薬で様子を見ていくことになると思う。

    歯肉炎は、私の責任だ。歯磨きはものすごく抵抗するので、歯磨きガムとかでごまかしてたからな…。

    嫌がっても、少しずつ磨くべきだった。と、これも今更後悔しても仕方がない。

    歯のスプレーはものすごく好きなので、せめてそれだけはしていこうと思う。

     

    もも15歳の明け方、私は寒くて目を覚ました。布団からはみ出して、畳で寝ていた。

    ももは、私の布団のど真ん中で熟睡。

    すみません、スペースを開けてください。と、ちょっとずらして寝かせてもらった。

    私は、夢の中で洗濯機の修理中だったのだ。

    うちは縦型の洗濯機を使用しているのだが、夢の中ではドラム型を使用しており

    ドラムの奥に洗濯物が詰まって、それを引き出している最中だった。

    出しても出しても服が出てきて、

    ドラムの奥にもう一つスペースがある状態で、

    いったいこれだけの服が行方不明だったのに、なんで気が付かなかったんだろう。

    と、もう一回夢の中で引きだそうと思ったのに、

    ももは、起こされたから撫でろ、撫でて寝かせろとぐいぐい頭を擦りつけてくる。

    ももを寝かしつけているうちに起床時間となり、寝不足だったが、ももがかわいく15歳になったので全て許せる。

     

    小さい頃から病気がちなうえに、臆病で弱くて弱くて

    過保護に過保護に大事に育ててきたが、ここまで無事に長生きしてくれて本当にありがたいと思う。

    これからももっと長生きして、私たちを幸せにしてください。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM