<< しぬまでに一度行きたい場所 | main | 静かな休日 >>
2017.05.12 Friday

ゴールデンウィークが明けて

0

    今年のゴールデンウィークは、青森で49日に出席するということもあって

    平日2日休みを取ったので連続10日間だった。

    10日も職場を離れていると、もう仕事の手順が分からない。というか、リズム感が戻らない。

    何だか、効率が悪くもたもたとして漸く元に戻ったところで、また今日から休み。

    ちょっとだけ仕事場が恋しくなってたりして、というか、もう少しまともに働きたいというか

    天変地異でも起きたかと自分の中の現象を面白く思うんだけど。

    来週の半ばにもなれば、また働きたくない病に戻るだろうな。

     

    そして今、暇があればお墓の事ばかり考えている。

    青森の家から徒歩30分くらいの所に墓地のスペースはある。

    青森のじーちゃんの考えとしては、ここを長男い継いでもらいたいと思って購入したんだと思うけど

    長男は関東に住んでいて、戻る意思はないという。二男である連れももちろん戻らない。

    ばーちゃんがなくなったら多分誰も青森の家に行かない。

    お墓の面倒も見られず、数年に一度お参りするのが精々になる。

    ばーちゃんは、「私の代で始末をつけたい。遺骨は二人ともお寺で永代供養してもらう、墓はつくらない。」

    と。これからお墓の面倒を自分も見られないからと。

    これは、みんな賛成した。ばーちゃんのいいようにするのが一番。

    この少子化に、お墓ばかりが増えるのも問題だ。現に私もお墓を一つ抱えて途方に暮れているし。

     

    しかし、永代供養の値段を聞いて、またあっけにとられた。

    一人100万円。ばーちゃんはサービスして80万円。夫婦で180万円。

    思わず、おお…、と口に出てしまった。

    私の父を永代供養にと考えた時、お寺さんからはいくらでもいいけど大体30万円と言われた。

    近所の友人のお寺では、5万円から30万円くらいまでと。

    親戚のお寺に聞いたら25万円。

    青森高すぎる…。

    おじいさんは、自分のお墓の費用は残しているしばーちゃんが納得すればいいんだけど。

    でも、と、この辺の相場もいろいろ調べてきた。

    隣の町では犬と一緒に入れる墓地もあって、家族で入っても50万円もいかない。

    連れと私はお墓に入る気はなくて、友人のお寺に永代供養してもらうつもりでいたが

    ももも一緒にしてもらいたいという希望はどうもかなえられないようだったので、こちらの方がいいかなとか。

    じーちゃんばーちゃん、ももと連れと私なら、ここでもいいかな。

    問題は、長男がそれを許してくれるかなんだけど。ついでににーちゃんも一緒の墓に入ればいいんだけどな。

    家族がそれぞれ遠方に住んでいると、お墓問題もなかなか難しい。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM