2017.12.03 Sunday

ももとの会話

0

    ももは、年のせいで耳がほとんど聞こえない。

    なので、ももとお話しするときはおでことおでこをくっつけてお話をする。

    声が頭蓋骨に響いて振動で会話できている気がする。

    ももが、いたずらをして叱るときにおでこをくっつけると目が泳いで絶対に目を合わせない。

    ももにお留守番を頼むときは、渋々ながらもちゃんと上目づかいに目を合わせて聞いている。

    普段も、よく家族の仕草や動作を見ていてちゃんとコミュニケーションが取れているので

    不便は感じないけれど、やっぱり私の声がもう聞こえないんだなあと思うと淋しい。

     

     

    耳が聞こえないく手も、足がよろけてよく転ぶようになっても、

    ももは相変わらず世界で一番かわいい。

    2017.04.22 Saturday

    再び肺炎

    0

      ももが、5歳の頃誤嚥性肺炎になって、ずいぶんかわいそうな思いをさせた。

      誤嚥性肺炎の時は、とにかく吐いて吐いて吐いて咳き込んで苦しそうだったのだけど

      こんかいは、咳だけ。

      でも、咳だけでもかなり苦しそうで昨晩はももとふたり一睡もできなかった。

      ももは、もともと鼻が悪いので痰が絡みやすく咳が出やすいのだけど

      それともちょっと違う咳な気がする。

      喘息のようにひゅーひゅーしているので、縦に抱っこして何とか一晩やり過ごして

      朝一で獣医さんへ。診療時間より少し早かったが診てくださった。

      レントゲンを取ったら、誤嚥性の時ほどではないけどうっすら白い。

      炎症反応も出ているし、血液検査の結果も悪かった。

      気管支炎と肺炎の併発のようで、原因は多分年のせい。

      ももは、呼吸器系等に来るんだな…。

      注射を打った時ぎゃん泣き。偶然今日は、狂犬病注射の予約が入っていたがそっちはキャンセル。

      元気でも、注射の日だったのだ。

      泣かれたけど、注射を打ってから咳も少し落ち着いてきた。

      年齢が年齢だから、気を付けないと。

      GWは49日法要で連れとももと3人で(こなつは大学があるので留守番)青森へ行くはずだったが、

      検査の結果次第では連れだけ行くことになるかも。

      先生は、その頃には大丈夫だと思うと言っては下さったが。

      ももは、しばらく安静の日々。

       

      ばりばりに割れたiphoneも今日修理で出す予定。

      auでスマホを借りようかと思ったのだが、データが写せるのはアドレス帳のみだったので

      前に使っていたiphone5で修理期間を乗り越えることにした。

      流石に6から、5に移ると遅いなあ。画面小さいし。GW前に戻ってきたら嬉しいな。

      2017.03.04 Saturday

      スポンジもも

      0

         

        こなつがももに、スポンジをあげた。

        IMG_0505.JPG

         

        気に入ったらしく、スポンジでこなつに遊んでもらった後は

        どこに行くにも咥えて離さない。

        IMG_0503.JPG

        私の手に擦り付けて、見せてはくれるが絶対にくれない。

        眠くてしょうがないけど、取られちゃうから離せない。

        こなつにだっこはされるけど、絶対に貸してあげない。

        IMG_0500.JPG

        夜までくわえたままで連れが帰ってきて

        連れにも見せてあげた後、最後は自分でむしってむしって粉々に。

        大事じゃなかったのか…。

        でも、世界中で一番かわいいももを見せてもらって、

        私たち家族はめろめろでかわいいかわいいとむちゃくちゃシャッターを押した。

        ももは何でこんなにかわいいんだろう。

         

         

        ワールドトリガー最新刊、めっちゃ面白かった。

        一番笑ったのは、ナスカレー。連れにはまったく、通じなかったけど。イコさん良いな。

        王子様@残念 かっこいい。

        新キャラ出てくるたびに、いい人ばっかりなんだよなあ。

        でも、ここでしばらく新刊でないんだな。淋しい悲しい。

        作者さんの病気が、早く治りますように。

        2017.02.01 Wednesday

        お誕生日

        0

          今日はもものお誕生日。おめでとう。

          14歳になりました。72歳くらいです。

          すっかりお年寄りだけど、やっていることは毎日可愛いし

          年を取った分お利口になった。

           

          が。

          この写真、怒られてしょぼくれているところ。

          おやつをつまみ食いしました。

          こなつがいるのに、堂々と目の前での犯行。完全になめきっている(笑)

           

          帰ってきたおかーさんに見つかって、怒られてしょんぼり。目を合わさない。

          しょんぼりももは、最高にかわいい。

          IMG_0494.JPG

           

          これからも家族を幸せにしてください。

           

          2016.12.15 Thursday

          一足先にXmas

          0

            IMG_0466.JPG

            美容院へ行って、クリスマス使用のリボンをつけてもらった。

            可愛いお爺さんだなあ。

            最近、連れの膝の上に乗っているだけでは飽き足らず

            私に隣に座って撫でろという。

            座っている暇もないので無視していると、くーんとそれはそれは悲壮な声で泣く。

            全く我儘な甘えん坊で困る。誰がこんな甘えん坊に育てたんだ。私だ。

            IMG_0469.JPG

            2016.11.28 Monday

            面倒くさいもも

            0

              年を取ったせいか、最近のももは変なこだわりがある。

              困ったことに、このこだわりは絶対だ。

              例えば、ソファーに上がって連れの膝に乗りたい。

              この場合、抱っこしてソファーの上にあげるのは(ももは、自力でソファーに上がれない)

              私でなければいけない。

              連れがソファーにいるのに。

              連れがだっこしようとすると、速攻に後ずさりして逃げる。

              そして、私を呼ぶ。

              台所で食器を洗っていたとしても、執拗に私を呼ぶので

              私は手を洗って拭いて、わざわざリビングに行ってももを抱っこして連れのお膝に乗せなければならない。

              トイレに行っていても早く出ろという。お風呂に入っていれば、お風呂場の前で待っている。

              連れがいるのに、乗るのは連れの膝なのに!

              寝るときは、私の布団の上で先に寝ていて、私と連れが寝る時間になると

              私が抱っこして連れの布団の中に入れてあげなければいけない。これも連れが抱っこしようとすると逃げる。

              このこだわりの意味がさっぱり分からない。

              つまり結局は、みんなにかまってほしいって事か。

              ちなみに、私が留守をしているときは、普通に連れにもこなつにも抱っこされるらしい。

               

              面倒で我儘だけど、かわいいので全て許される。

               

               

               

              2016.10.29 Saturday

              もものプチ家出

              0

                少し前の話だけど、ももが家でした。

                といっても、私たちの寝室から、2mほど離れたこなつの部屋にだけど。

                 

                何時ごろだろう、深夜過ぎた頃私はももと一緒の布団で寝ていた。

                私は非常に寝相が悪い。でも、もももそれは承知で私の動きに合わせて

                あちこち移動しているらしい。

                その日は、もものどこかを踏んだか何かしたらしく

                ももが、一言「うー」と言って、部屋を出て行った。

                私は寝ぼけまなこで、どこへ行くんだももと這って後を追うと

                こなつが、闇の中でももを抱っこして立っている。

                「ももちゃん、どうしたの?」どや顔で私を見る。むかつくー。

                たったのこれだけの事だが、基本、ももが私のそばを離れることはない。

                こなつを頼ることもほとんどない。連れと私がいないときに、仕方なくこなつの所へ行く位だ。

                なので、私はかなりのショックを受けた。

                とにかく、にやにや嬉しそうに笑うこなつからももを取戻し、

                胸に抱っこしてご機嫌を取りながら寝なおした。

                夜中に、私のそばを離れるなんて、私は一体ももに何をしたんだろう…。

                ごめんね、もも。でも、私の寝相が悪いのはきっと一生治らないよ(;;)

                散れはよく家でしないなあと思う。よく、蹴飛ばしたり顔殴ったりしているらしいのに。

                ももも、頑張って耐えてね。

                 

                2016.07.06 Wednesday

                ももは本当に老いているのか

                0

                  体力精神力ともに職場に削りとられて、ぼろぼろで帰宅すると

                  ぼろぼろのティッシュがそこここに散らばっている。

                   

                  やられた。

                   

                  ももの最近の趣味は、ティッシュ千切りだ。

                  でも、ティッシュはももが届かないであろう場所に置いてある。

                  ももは、私が家にいる時は

                  「ぼくは年寄りだからジャンプできないの。」と、ソファーにもあがれず

                  布団にすら上がれない。

                  なので、私が家にいる時はたいてい抱っこしている。

                  が。

                  家族が全員出払うとなぜか、椅子にもあがれるしジャンプもできるらしい。

                  届かないはずの場所に、届いているし、あがれている。

                  耳も、

                  「ぼくは年寄りだから聞こえないの。」と、名前を読んでも聞こえない。

                  ベランダでいつまでも遊んでいるので、網戸を閉めたくてももを読んでも知らんふり。

                  何度名前を呼んでも聞こえていない。

                  なのに、

                  「じゃねー、ばいないー。」と、網戸を閉めようとするとダッシュで飛んでくる。

                  聞こえているよな。

                   

                  ももの、

                  「ぼくお年寄り」は、ももの都合のいいように作られているらしい。

                   

                  かわいいからいいんだけど。かわいいので全て許される。

                  2016.05.25 Wednesday

                  ももがちょっと若返ったかもしれない

                  0
                    お散歩をしていたら、近所に住む小次郎君@柴犬10か月に出会う。
                    ももは、小次郎君が苦手。小次郎君はももが大好き。
                    ももを好きというかみんな好き全部好き全世界大好き。
                    嬉しそうに全力でももに飛びかかってくる。
                    ももは怒ったり、逃げたり。普段、何事にも興味がないももが怒るのも珍しいんだけど。
                    道の向こうからみかんちゃん@ミニチュアシュナウザー3歳が来た。
                    みかんちゃんはクール。犬を見て逃げないけど、喜びもしない。
                    対応がももと似ている。
                    小次郎君はみかんちゃんが大好き。みかんちゃんが好きというよりは以下同文。
                    小次郎君がみかんちゃんに飛びかかった途端、ももが猛然と吠え出した。
                    みかんちゃんをいじめるな!とでもいうように。
                    ただ、私の膝の上だったし、鳴き声もひゃんひゃん裏返って情けなかったけど。
                    ももは、みかんちゃんが大好き。
                    ももが今のところの生涯で好きになった犬は二頭目。
                    一頭目はもうなくなったビーグルのララで、初めて接触した犬であり、初めて好きになった犬だった。
                    ララ以外は、好きでも嫌いでもないという感じで特に興味を持たない。
                    だから、初めてみかんちゃんに会ったときぶんぶん尻尾を振って自分からご挨拶に出向いたのでびっくりした。
                    それ以来、会うたびに少しだけ遊ばせてもらっている。
                    と言っても、もももみかんちゃんも大人しいので匂いを嗅ぎ合うだけだけど。

                    ももが焼きもちを焼くなんて、3年ぶりくらいじゃなかろうか。
                    最近は、私がよその犬を触っても怒らなかったのに。
                    ももは本当にみかんちゃんが好きなんだね。
                    老いらくの恋だね。みかんちゃんのおかげで、ちょっと若返ったかな。
                    オス同士なんだけどね。気が付いていないかもだけど。
                    2016.05.14 Saturday

                    ももかわいい

                    0
                      IMG_0369.JPG

                      うちの子超かわいい。
                      年をとっても、一番かわいい。

                       
                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM