2019.05.13 Monday

犬のメラノーマ

0

    ももがなくなって10日。

    私たち家族も少しずつ日常を取り戻しつつあります。

     

    ももは、

    4月6日に口蓋がほんの少し腫れていることに気が付きました。

    この時はわずかに盛り上がるくらいで、毎日見ている私が気が付く程度でした。

    4月8日に受診。その時腫瘍と言われて、大きさは1,1センチでした。

    でも、この時に、あれ?そんなに大きい?と思いました。

    この時に表面を綿棒で拭い、細胞を調べる検査をしました。

    本来であれば、全身麻酔をかけて一部を切り取った検査をするとのことでしたが

    ももの年齢(16歳)を考慮して、簡易テストにしました。

    この検査でも8割はわかるとのことでした。

    この検査の結果が出たのが4月12日、良性でした。

    でも、毎日毎日腫瘍を成長を続けて、不安になって4月15日に受診。

    この時に、岐阜の獣医大学を予約してもらい、取れたのが5月13日でした。

    この辺りで、CTが取れて腫瘍科のある病院が岐阜大だけとのことでした。

    受信まで1か月もあれば、腫瘍はどのくらい大きくなってしまうのか不安でしたが、良性であったので

    私は心に余裕を保つことができました。

    腫瘍は毎日成長しました。

    (獣医さんは、いつか成長は止まるよとおっしゃっていましたが、結局なくなるまで成長は止まりませんでした。)

    腫瘍があること以外、本人は至って元気で、食欲もかなりありました。

    腫瘍は上の歯茎だったので、食べることにも支障がなく、これはありがたい事でした。

    GW青森へ行くことも許可が下りました。

    行っても行かなくても、成長はするとのことでしたが。

    ももは旅行中ずっと元気で、ご機嫌も良くて、青森の広い家を喜んで走り回ってしました。

     

    異常が出てきたのはなくなる3日前くらいから。

    5月1日。朝ご飯を食べずに、夜ご飯はペロッと食べました。

    5月2日。散歩でよく歩きましたが、食欲が落ちました。好きなジャーキーだけ食べて、水をがぶがぶ飲んでいました。

    5月3日。ジャーキーは少し食べたのだけど、水も受け付けず、夜から呼吸も荒くなりました。

    この日は、よろめきながらも私の後追いをして、まだ少し動けました。

    5月4日。ご飯も水も受け付けず、獣医さんで点滴をしてもらい、おやつのチュールをがつがつ食べました。

    午後からは、チュールは受け付けず、ジャーキーを少し食べました。

    常に私の姿を目で追っていたのだけど、身体はうごけず。

    私のシャワー中の4時20分ごろ自らトイレに行って、おしっこをして、私を探して少し歩いたそうです。

    そして、4時40分ごろから、なくなる前の呼吸に入り、4時47分息を引き取りました。

     

    ももの、腫瘍の成長の速さは、獣医さんも診るのは初めてと言われました。

    簡易検査では良性とでましたし 色もピンクだったので、良性と信じていましたが、

    2割のほうの確率で悪性だったのでしょうと。

    犬の悪性がんのメラノーマだったと考えられるそうです。

     

    少しの後悔があるとすれば、目に見えて成長していたのに、

    5月13日の大学病院の受診を待つ以外、何もできなかったことです。

    今から思えば、ということだらけですが、4月6日の時点で、腫瘍科に受診できていればと考えないこともないです。

    ただ、ももの高齢と腫瘍の成長の速さからいえば、何もできなかったのかもしれません。

    ももは臆病だったので、大学病院へ行くのが嫌だったのかなと思います。

    ももは、最後までほとんど苦しみませんでした。それだけが救いです。

     

    2019.05.06 Monday

    お知らせとお礼

    0

      5月4日16:47 ももがなくなりました。

       

      あまりの速さに私たちは、深い戸惑いと悲しみに暮れています。

      なくなる4日ほど前まで、普通に暮らしていました。

      3日前は、お散歩でよく歩きました。

      2日前にご飯を受け付けなくなり、夕方に呼吸も荒くなりました。

      でも、おトイレは自分で行っていたし、私の姿が見えないとよろめきながらも探しに来ました。

      5月4日、朝病院へ行って、先生が与えてくださったチュールをがつがつ食べました。

      私たちはこれを見て、ああ大丈夫だなと思いました。

      帰ってお水を飲んで、それからはリビングに寝かせて、ずっと私がそばについて

      少し席を立つと目で追っていました。

      夕方、連れと順番にシャワーを浴びて、

      私がシャワーを浴びている間に、連れの目の前で自分でよろめきながらもおトイレに行きました。

      シャワーから出てそれを聞いて、ももは偉いねえと、撫でさすっていると、またおトイレに行きたいと言い出して

      でも、歩けなかったので私が手を添えたのだけど、済ませることはできなくて

      その時少し声をあげました。

      明日、病院へ行って便を出してもらおうねと抱っこしているとくたんとなって

      慌てて寝かせると、あのなくなる前の ふ、はー、ふ、はーという呼吸になっていました。

      これはもうおかしいので連れにもうだめだと思うというと

      連れは、そんなことあるか、今トイレに行ったんだぞ!と、信じられない様子でした。

      人も動物も、みんななくなる前はこの呼吸だよと、連れに言って

      二人で、ももの名前を呼んで撫でさすって、ももは旅立ちました。

       

      こなつは立ち会えませんでしたが、連れと私の手の中で旅立たせることができてよかったと思います。

      私たちのいる時でお休みの日で、本当によかった。

      昨日、葬儀を終えて、ももはお骨になって帰ってきました。

       

       

      このただの日常をだらだら17年書いていた日記ですが、

      この日記を書いていて初めてよかったなと思いました。

      ももが家族になってからの日々が全部書いてあります。

      時々読んでは慰めになっています。

      生前、ももを可愛がっていただいた方々にお礼を申し上げます。

      ももは幸せだったと思います。ありがとうございました。

      2019.04.19 Friday

      犬の口内腫瘍

      0

        ももの口がまた腫れてきたなあと思ったのが、お花見に行った4月6日土曜日。

        まだ、この頃は小さくて私が気がついても連れは気が付かない程度。

        前回腫れたのは、左奥で、今回は右真ん中の辺り。

        また、歯槽膿漏かな?と思い、狂犬病の注射も兼ねて4月8日月曜日に受診。

        「今回、これは歯槽膿漏じゃなくて腫瘍ですね。」

        と言われて、どかーんと心に衝撃を受けた。

        とりあえず、どうすればいいのか先生と相談。

        ふつう、腫瘍の場合は麻酔をして組織を取って検査に回して良性か、悪性か判断するそうだ。

        でも、ももは高齢。麻酔は命の危険もあるので、100%わかるわけではないけど

        表面の組織を取るだけでも判断はできるとのことなので、そちらをお願いした。

        その他、血液検査もお願いして、とぼとぼと家に帰った。結果は1週間後。

        考えることはたくさんあるけど、とにかく検査の結果が出るまでは落ち着いていようと

        判断が出てから、色々考えようと連れやこなつとも話し合った。

        気が気じゃないし、ももを抱っこして毎日過ごしているような状態。

        血液検査の結果は、次の日に出たと先生から電話をいただいた。

        結果は、良好。高齢なのに、どこも悪いところはなかった。

        でも、炎症反応がないということは、やっぱり歯槽膿漏じゃないんだよなとまた落ち込んだ。

        結果を待っている間も、腫瘍はどんどん大きくなる。

        ガンで、こんなに大きくなるのかな。とは、思ったけど、スピードが速くて怖い。

        腫瘍の結果は、5日後の4月11日に出て、良性だった。

        ここで、腰が抜けるほど安堵した。でも、腫瘍は成長を続けている。

        iPhoneImage.png

        この写真は、結果が出た頃で、今はこの三倍くらいある。

        良性で様子見と、先生はおっしゃったが、あまりに大きくなるので、心配で

        4月16日火曜日にまた受診した。

        とりあえず、大きな病院を紹介してくださるとのこと。

        ここで、大きな問題が。場所は岐阜大学獣医科。ももを連れて電車で受診できない。

        連れかこなつについてきてもらわないとならない+私も認知症患者を抱えているのでなかなか休みが取れない。

        でも、そんなこと言っている場合じゃないので、

        こなつが大学を休めそうで、私もかろうじて休めるまたは早退できる日をいくつか伝えて

        予約を取ってもらうと、結局GWを挟んで、5月13日になった。

        連休があるので、大学病院もとてもとても混んでいて、無理やり入れてくださったとのこと。

        こなつに大学を休んでもらって、とにかくこの日まではまた待つ日々。

        連れが

        「飴ちゃん食べてるの?ペッしなさい。」と、毎日言っているが飴ちゃんは大きくなるばかり…。

        とにかく、今は命に関わるわけではないし、青森も行って大丈夫だよと、先生に言われて

        正直迷っている。青森のばーちゃんに会わせられるのも今回が最後かなとは、前から思っていたので

        ゆっくり、3日くらいかけて青森に行って、2日ほど泊まって、またゆっくり帰ってこようかなと思う。

        じーちゃんの3回忌もあるし。

        iPhoneImage.png

        どんどん大きくなる腫瘍に脅える日々だ。

        でも、本人はとても元気で、食欲もあって、

        また私がやたらと甘やかすので、とても威張っていてとてもかわいい。

        とてもとてもかわいいのが救い。

        2019.03.08 Friday

        ももの新車

        0

          ももの新車購入。

          iPhoneImage.png

          連れの新車は来るのに10か月かかったけど、ももの新車は一日で着いた。

          組たっては簡単。ひっくり返して、タイヤを差し込むだけ。

          ももは、作っているときから興味津々で、乗る気満々だった。

          前輪が一つなので、とても動かしやすい。

          うちの、ミニチュアとか思えない大きなダックスでも余裕。

          デザインもシンプルだし、タイヤも大きくて動かしやすいし、

          何より、ももが気に入ってくれたので大正解。


          腹ばいになると隠れるけど、正面がネットなので外が見える。

          これでの、最初のお出かけは今度の土曜日のキャンピングカーショーになるかな。

           

          連れが火曜日から具合が悪かった。

          気持ちが悪くて一度嘔吐したけど、すっきりせず、夜にもう一度はいてもすっきりしない。

          連れは、繰り返し十二指腸潰瘍に罹ったので十二指腸が変形していて胃液が貯まりやすく、

          消化が悪いと時々こうなる。

          それでも、一度は吐けば大抵は治るし、ピロリちゃんを退治してからは全くなかった。

          仕事は休まなかったので病院へ行くタイミングが合わず、三日目の昨日。

          「なんかよくなった気がする。」

          連れは十二指腸が弱いので、そちらで考えがちだけど、これは胃腸風邪だったのかも。

          胃にだけ来たパターンか。これで治れば安心だけどな。

          今日帰ってきて、やっぱり調子悪そうなら病院へ行こう。

          2018.12.16 Sunday

          ももに振り回されっぱなし

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            ももは朝から美容院。

            お正月用にかわいくしてもらった。

            ももは、今の美容院が好きだし、カットし終わって待っている間も

            ももはどこにも行かないのでケージにも入れられず、自由に美容院内で遊ばせてもらって、

            クッションの上に寝かせてもらえる。

            この項待遇にもかかわらず、美容院ではお利口だったのに家に帰って豹変。

            怒ってばっかり、わがまま言ってばかり。

            頭の下にあるリモコンを取ろうとすると怒る。ごつごつしていて嫌だろうからはずそうとすると

            ぐーぐー言って怒る。リモコンがないと私が困るのも想定済みだ。

            ソファーで寝るというので、ソファーに乗せれば、布団で寝ると言い出す。

            布団に寝せると、やっぱりソファーがいいと。

            疲れているんだから寝ればいいのに、本当に半日こき使われて、ぐーぐー怒られっぱなしだった。

            でも、怒ると本当にかわいいのだ。

            この怒っているところを動画に残したいんだけど、私の両手に頭をぐりぐり押しつけて怒るから

            カメラを持てない。

            この仕草も強烈にかわいくて、振り回されたって、面倒くさくたって、怒られてばっかりだって

            ももはやっぱり宇宙一可愛い。

            2018.12.02 Sunday

            もものぐずぐず

            0

               

               

              昨日から、ももが泣きっぱなし。

              きゅんきゅん泣いているので、すっとんでいくと特に何はあったわけでもなく

              私の顔を見たら泣き止む。

              水を昼から飲んでいなかったおで、お水かなと持っていけばがぶがぶ飲んだので

              やっぱりお水だったのかな?でも、なんで自分で飲みに行かないのかな?足が痛いのかな?

              とか、連れと色々考えたり不安になったりした。

              連れの膝に乗せてもしばらくすると泣き出して、私の顔を見ると抱っこと言ってくる。

              抱っこしていれば泣き止むんだけど、これは月曜日に病院へ連れて行こうとか、

              夜だったのでどうすることもできずにぐるぐる悩んだ。

              私が離れると探して泣くので、どっか具合悪いのかなあ。

              夜中、またきゅんきゅん泣きだしたので何事かと思えば

              私の寝相が悪くて、連れの布団で寝ていたのが気に入らなかったらしく

              自分の布団に戻って抱っこして寝たら朝まで寝て、6時前にお腹が空いたのかまたきゅんきゅん泣いたので

              ご飯をあげた。よく食べた。ちょっとほっとする。

              今日は日曜日。病院もお休み。困ったな。

              連れが

              「散歩行くか?」と、聞くと、いつものように走って出て行った。

              散歩も行かれる。どこか痛いわけじゃないんだな。ご飯も食べる。具合悪いわけじゃない?

              散歩もいつも通りちゃんと歩いたらしい。

              よくわからない。と似なく、年齢が年齢だから何があってもおかしくない。

              今日は、今のところ大丈夫だけど、多分私と連れがべったり一緒にいるからだと思う。

              寂しい病かなあ…。少しぼけたかなあ…。

              明日から普通に仕事に行って大丈夫だろうか…。

              2018.10.26 Friday

              怪獣現る

              0

                急に寒くなって、先日の美容院でカットしたばかりのももは

                夕方になると寒い寒いと訴える。

                早速昨日、こなつがももの洋服を買って来てくれた。

                iPhoneImage.png

                可愛い怪獣が一頭現れた。

                iPhoneImage.png

                可愛過ぎる。

                一斉にシャッターを切る家族に、ももはちょっぴり飽きた。

                iPhoneImage.png

                怪獣というより、芋虫?

                かわいい。

                 

                犬の服のサイズはよくわからない。

                ももが、ミニチュアダックスなのにミニチュアじゃないから、ミニチュアダックス用では小さすぎる。

                コーギー用ではでかい。

                丁度いいのは4Lサイズだと思っていたが、お店によっては2Lだったり、Mだったり。

                結局サイズで見るより、首まわり、胴回りで見るしかない。

                だから、ネットで買うととよく失敗する。でも、近所じゃなかなかかわいいのが売っていない。

                次からもこなつに買って来てもらおう。

                おじいちゃんなのに怪獣とは思うけど、かわいいからいいのだ。

                来週、青森へ冬の準備に行くのだけど、ももも暖かく過ごせるね。

                2018.05.18 Friday

                足の裏健康法

                0

                  最近ももは散歩中、なぜか舗装されていない道を選んで歩く。

                  歩きにくくないのかな?と、舗装された道に戻そうとすると抵抗するので

                  好きに歩かせたら、毎日その道を行く。

                  石でごろごろ、埃塗れ。でも、ももは嬉しそうに歩く。

                  舗装されていない道が途切れて、舗装された道になってしまうと

                  悲しそうに私を見上げる。もう一度戻る?と聞くと、それは嫌だという。あくまでも前に進みたいのだ。

                  ももは、散歩が嫌いなので、喜んで歩いてくれる方法があるならなんでも私は嬉しい。

                  これはもしかして、足の裏が気持ちいいのかしら。健康にいいのならさらに嬉しい。

                  こんなにお爺さんになっても、好きな事を見つけられるももは、やっぱり世界で一番かわいい。

                  iPhoneImage.png

                   

                  先日、このマンションに引っ越す前のアパートで仲良くなった母友とランチをしてきた。

                  この町に越してきて不安だった私と仲良くしてくれた、一番古い付き合いの友人たちで、

                  幼稚園の頃からずっと苦楽を共にしてきた、気の置けない人たちだ。

                  小学校での悩みも、中学の反抗期も、受験も、夫婦げんかも、どんな悩みも打ち明けてきて

                  今もそれは継続中。

                  子供達の中で、こなつは年が上から二番目。

                  なので、下の子たちはまだ高校受験や、大学受験中。まだまだ、悩みは尽きない。

                  そして、この子たちの男子全員をこなつがだめ男に製造した。残念なことに、どの子もだめ男も継続中だ。

                  だめ男達の半数が今受験中。大変だけど、頑張っている子供たちは本当にかわいい。

                  子供の成長とともに母たちも年を取り、話題は更年期だの運動不足解消だの、健康の事に話題も移ってきた。

                  散々散々しゃべり倒して、鋭気を養って、また毎日の生活をがんばろう。

                   

                  iPhoneImage.png

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    

                  2018.02.18 Sunday

                  もものキャリー

                  0

                    ももも年を取って、外へ連れて行っても抱っこすることが多くなった。

                    多分に、過保護の部分があるけど。

                    でも、ももは重い。重いけど、かわいいのでずっと抱っこし続けてきたわけだけど

                    もし、キャリーがあれば楽だなあと、前々から色々探してはいた。

                    私は、ペット用のベビーカータイプのが欲しかったのだけど

                    連れが赤ちゃんじゃないんだからと嫌がった。

                    深いタイプのはももが嫌がるので、なるべく浅いタイプのをと探していたら

                    偶然、連れがAmazonでこれを探してきた。

                    荷物を運んだり、人も乗れるらしい。

                    ももも、最初は怖がっていたが、クッションを敷いたら座り心地が良くなったらしく

                    気に入った様子。

                    思ったより大きいので、車にのるのか不安だけど、外でも使ってみたいな。

                    ももがどれだけ乗っていられるか試してみたい。

                     

                    連日、オリンピックが楽しい!

                    気の遠くなるような努力をしてきた選手の方々から、興奮と感動をお裾分けしてもらえて

                    毎日毎日幸せだ!

                    2018.02.02 Friday

                    15歳になりました。

                    0

                       

                      ももは、昨日お誕生日。15歳になりました。76歳。

                      家族から見たら、ものすごく可愛いから、そんなおじいさんに見えないんだけど。

                       

                      日曜日から少し顔が腫れだしたので、また獣医さんへ。

                      あらかじめ病院へ電話して、この前の先生でなくいつもの先生に診ていただきたいと言っておいた。

                      いつもの先生は、顔を見てすぐにもものくちをがっとあけて、

                      「歯肉炎だよ。」と、腫れている箇所を見せてくれた。

                      薬で引いたのでガンではないと思ったけど、腫れが引くまではびくびくして夜も眠れなかったし、家族でおろおろしていた。

                      初めから、この先生に診てもらえばよかった。

                      でも、それはそれでもう仕方ない。獣医さんもいろいろな症例見て勉強していくんだし。

                      でも!未熟な先生には、熟練の先生が付いてくれればいいのになとも思う!前の先生、レントゲン撮っただけだったし!

                      考えさせられた数日だからいいんだけどさー。

                      歯でよかった…、と思わずこぼしたら

                      「歯肉炎も怖いんだよ。」と、先生は言う。

                      ガンよりはまだいいよ…。

                      「手術して抜くとか、歯石を取るとか方法はあるけど、全身麻酔はこの年齢にはリスクが高いと思う。」

                      と、先生がおっしゃり、私も今更大がかりなことはしたくないので、薬で様子を見ていくことになると思う。

                      歯肉炎は、私の責任だ。歯磨きはものすごく抵抗するので、歯磨きガムとかでごまかしてたからな…。

                      嫌がっても、少しずつ磨くべきだった。と、これも今更後悔しても仕方がない。

                      歯のスプレーはものすごく好きなので、せめてそれだけはしていこうと思う。

                       

                      もも15歳の明け方、私は寒くて目を覚ました。布団からはみ出して、畳で寝ていた。

                      ももは、私の布団のど真ん中で熟睡。

                      すみません、スペースを開けてください。と、ちょっとずらして寝かせてもらった。

                      私は、夢の中で洗濯機の修理中だったのだ。

                      うちは縦型の洗濯機を使用しているのだが、夢の中ではドラム型を使用しており

                      ドラムの奥に洗濯物が詰まって、それを引き出している最中だった。

                      出しても出しても服が出てきて、

                      ドラムの奥にもう一つスペースがある状態で、

                      いったいこれだけの服が行方不明だったのに、なんで気が付かなかったんだろう。

                      と、もう一回夢の中で引きだそうと思ったのに、

                      ももは、起こされたから撫でろ、撫でて寝かせろとぐいぐい頭を擦りつけてくる。

                      ももを寝かしつけているうちに起床時間となり、寝不足だったが、ももがかわいく15歳になったので全て許せる。

                       

                      小さい頃から病気がちなうえに、臆病で弱くて弱くて

                      過保護に過保護に大事に育ててきたが、ここまで無事に長生きしてくれて本当にありがたいと思う。

                      これからももっと長生きして、私たちを幸せにしてください。

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM